マキベリー

HOME > 独自原料一覧 > マキベリー

マキベリー|健康食品・サプリメント・化粧品のOEM|ドクターズチョイス公式サイト

「マキベリー」とは?

驚異の抗酸化パワー!南米パタゴニア発のスーパーフルーツ

ゴジベリーやマンゴスティン、ノニ、キウイ、ライチ、各種ベリー類など、抗酸化成分を豊富に含んだ果実を総称して「スーパーフルーツ」と呼びます。「味覚」「機能」を併せ持ち、アメリカの健康産業を席巻するスーパーフルーツは、ここ数年日本も成長している分野です。このスーパーフルーツ市場に、次なる素材が登場しました。南米・パタゴニア地方を原産地とする『MAQUIBERRY(マキベリー)』です。現存のスーパーフルーツの中で、最高レベルの抗酸化力を持つマキベリーは、本場アメリカで「次なるスーパーフルーツ」として、ようやく関連製品が流通し始めたばかりのレアな素材。

現存するスーパーフルーツで最高レベルの抗酸化力
ORAC-H(活性酸素吸収能)の比較

マキベリーは、ビタミンA, C, ミネラル、鉄分、カリウム、ポリフェノール類などを豊富に含有し、食味も良いベリーとして知られています。なかでもマキベリーの最大の特長は、抗酸化力の高さ。抗酸化力の指標の1つであるORAC値では、現在流通するスーパーフルーツの中で、マキベリーは最高レベルの数値を示すことが確認されています。

南米・パタゴニア地方の大自然の中で自生
南米のチリとアルゼンチン南部にまたがるパタゴニア地方で、南極からほど近い、豊かな大自然の中で自生しています。

『MAQUI BERRY(マキベリー)』は、アオイ目ホルトノキ科に属する「Arisroteria Chilensis」という植物の濃い紫色の果実。原産地は、南米のチリとアルゼンチン南部にまたがるパタゴニア地方で、南極からほど近い、豊かな大自然の中で自生しています。極寒の厳しい環境の中で生育する果実は、小粒ながらポリフェノール類を豊富に含有するなど、高い機能性を持つことで知られています。収穫期は2~3月。現地では古くから食用として利用されてきました。
その昔、この地の先住民族・マプチェ族は、小柄で粗食だったにもかかわらず、インカ帝国やスペインの侵略に最後まで屈することなく勇敢に戦ったという。今ではマプチェ族の屈強さは、彼らが日ごろからマキベリーを食していたからではないかと考えられています。

マキベリーの採取

マキベリーは栽培できず、自生のものを採取します。原住民インディオの貴重な現金収入源となっています。

マキベリーの収穫風景
お問合せ|健康食品・サプリメント・化粧品のOEM|ドクターズチョイス公式サイト
お電話でのお問合せ:03-6271-6500
ZOOMでのオンライン商談をご希望の方はこちらから:予約
メールフォームでのお問合せ

    お問い合わせ項目(必須)
    OEM水素水サーバー


    健康食品(サプリメント)のOEMはこちら

    TOP
    TOP